暗黒怪獣が暴れまわり、始まる斜め45度企画【暗黒怪獣&gn8mykitten編】

こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。
お盆前。8/11は斜め45度企画。9回目のこのイベント、今回のミクスチャー度と混沌度、充実度は過去最高でしょう!
本当に楽しかった。

全員が事象の地平線を超えちゃった。(写真はお借りしたものも含まれています)

8/11(土)第九回斜め45度企画

18:30開場 19:00開演
出演
gn8mykitten(無伴奏ラップ)
阿片戦争(音楽)
暗黒怪獣(召喚魔術)
園田游(舞踏)+レンカ(踊り)
東京ディスティニーランド(赤魔導士)
オープニングアクト のーの(アイドル)

この劇団ぽさ!

 

暗黒怪獣が暴れ出す前に、実は松永美咲演じる(?)のーのが撒き餌してた。
彼女のオーダーにより書き下ろした2曲。
某秋元康に群がる総ロリコンファッキンジャパニーズへの鎮魂歌と、53歳のおっさんが書く「ティーンエイジラブ暴発」がテーマのPOPS。

自分では絶対に歌えない曲を書くって、すごい楽しい作業だ。
作詞中の「別人格」感も楽しめる。

表現するのはのーの。だからなーんの心配もない(笑)

合間に撮影したり。

 

さて!暗黒怪獣だ。

彼らとメンバーが被ってる(パートは被ってない)カガセヲと言うバンドが好きで。
リハを見て「これはいい!かなり好き!」と確信を持っていたけど。

リハの50倍かっこよかった(笑)

変拍子だったり、爆音だったり、聞き取れない歌声だったり、潜水艦の操縦席のようなエフェクトだったり。
一見「好事家のための音楽」なんだけど、
ステージ上はさすが暗黒怪獣というだけあって、円谷感と東映、東宝感がせめぎ合う。

ただ、単に楽しい曲。楽しいステージ。
それを支える音楽的な才能と技術。
さらに言うならそれを感じさせずにエンターテイメントとして昇華させる小道具とコンセプト。

完成されてる。

今、ウォーホールが生きていたら、彼らに金を出すだろう

 

鬼うまいテクニシャンが揃って馬鹿げた事をやる。
これに勝つのは結構大変。
放射能光線を吹くまでの道のり、火を吐いて空を飛ぶまでの道のりをしっかりと盛り上げ、最後の大団円に。

素晴らしい〜〜かっこいい。

これぞ若者の音楽だ。
技術を磨き、バカをやる。最強だ。

 

 

バンドセッティングをgn8mykittenのライブの合間にやるというのが今回の難儀なところ(笑)
gn8mykittenはバーカウンターから火を吹き上げる。
彼はこの頃インパクトの代わりにユーモアを咲かせてる。

無伴奏ラップという誰もがびっくりするシステムは、最初の一発として申し分ない。
そこから彼の世界に引き込むのはかなり簡単だ。

その一手が残るうちにユーモアとライブ感をどんどん打ち出してきた。
悲痛な叫びと笑いを同時にプレゼンするから、ショーは幅広くポピュラーになり、誰の心にも届きやすくなる。

言葉の力を再発見させてくれるのと同時に、フィジカルな感動を呼ぶ彼の気遣い。
見てる僕らが「酸素を吸っちゃいけない」と思っちゃうほどの。

感動的だ。

 

続きます。
次回は我々「阿片戦争」と「園田游(舞踏)+レンカ(踊り)」です。

 

【704号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2018





【200種類以上の栄養素がぎっしり】飲むだけ健康習慣

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら