ヴァレリアン 千の惑星の救世主:感想【お金をかけまくって描き出す平和ボケ】つまんないけどすごく愛らしい

 

ヴァレリアン 千の惑星の救世主:フィフス・エレメントをさらにぶっ壊したお花畑のおじちゃん

観たかった。劇場で。
だってさ、これは脳内お花畑だもん。
カタルシスもないもない、のっぺりとしたフラワー&ピースの世界。

ただただ

  • 平和な世界をかきたい
  • 綺麗な世界を描きたい
  • モデルを使いたい
  • かわいい衣装を着せたい
  • かわいい宇宙人たちを出したい
  • リアーナを踊らせたい

ていう小学校三年生くらいの好奇心と欲望で作り上げた映画。
技術もすごいんだろうけど、印象に残らない。

全体的な興行は大失敗で1憶3500万ドルの損失を計上

てすごくない?

それでもキナ臭いこの世界で、勧善懲悪を貫き通す。
古い古い漫画を映画化する。
そこらへんに反骨を感じるんよね。勘違いだろうけど(笑)

 

ヴァレリアン 千の惑星の救世主:豪華なキャストで2時間サスペンスのようなお話を

西暦2740年。連邦捜査官のヴァレリアンとローレリーヌは宇宙の平和を守る任務に就き、銀河をパトロールして回っている。ふたりは“アルファ宇宙ステーション”へと向かう。そこは長い年月を経て拡張を続け、あらゆる種族が共存する“千の惑星の都市”として銀河にその名を知られていた。しかし、その深部には邪悪な陰謀と、宇宙の歴史から抹殺されようとしていた“秘密”があった…。果たしてヴァレリアンとローレリーヌは“千の惑星の都市”と銀河の危機を救うことができるのか…?

なんていうあらすじが必要か?っていうくらいボロボロつぎはぎな映画。
計算され尽くした007やMIと全く違う(笑)
でもそこがいいんよね。ベッソンは。

さらっと観ただけで、ああこいつが悪いやつ。こいつが裏切る。こいつが狂言回し。こいつは死なない。
全部わかる。

ハラハラするところがない。

軽い泣きのシーンもあるし、セットや衣装はかわいいし。そのままテーマパークが作れるくらい。
そんだけお金かけて中身は

「なあ、みんなそれぞれ知恵と勇気を持ち寄ってハッピーに生きようよ」って。
笑っちゃうくらい純粋。

 

ヴァレリアン 千の惑星の救世主:リアーナのシーンだけでも惚れ惚れだけどカーラ・デルヴィーニュも!

リアーナのダンスシーンがとにかく食べたくなるくらいかわいい。

これを見せるために映画を作ってくれた!
と言いたいくらい。

 

そしてCara Delevingne(カーラ・デルヴィーニュ)これまた大好きな感じ(笑)
多分中学生男子の夢の産物よ(笑)

強くてクールで美人で少しキレる。
なかなかキスさせてくれない。

もうたまらんでしょ(笑)

 

主役の男の子が全くもってダサくてイカさないところなんて、なんかうらみでもある??って感じ。
あ、役者じゃなくて「役」がね。

主人公ヴァレリアンは、とにかくチャラい。
世界を救うヒーローには見えないし、落とした女リストなんてものもあって(笑)釣った魚は放流する!みたいな。
そして出会ったローレリーヌに「結婚しよう」「俺ってすごいよ」「結婚しよう」の承認欲求の嵐(笑)

ダサすぎる。
でも、かわいいし、女はこんな「イラつくけど気になる男」に惹かれる。
仕事のパートナーでもあるし。

結構命がけで彼を助ける。暴走気味の彼を。
ところが彼は強がりで強情で、弱さを見せない

おいおい。これってしょうもない日本映画みたいじゃない??

それに彼はものすごい優秀な人材らしいけど、失敗ばっかりしてる。
え?っていうシーンたくさん。
そこもまあ、面白いんだけど。

高校生カップルが全宇宙を巻き込んでラブコメをやる!みたいなバランスの悪さよ(笑)
そこもかわいいんだけど。
つまらないんだけど、かわいい。

 

 

ヴァレリアン 千の惑星の救世主:もうビーチは頭の中だけの風景か?

冒頭からCGで胸焼けしそうなビーチのシーンが。
青い。

世界中の海が汚れて行っている中、こんな綺麗なビーチはもう映画の中でのCGでしか再現できなくなるんじゃなかろか?なんて思ってしまうのはクズなパヨク的発想か?

 

まあとにかく、何も期待しなくていいから、準新作になってからでいいから。一度観てみるといい。
ストレスが発散されたり、ハラハラドキドキしたりは、ない。
でも

かわいいものが好きな人なら、わお!って言いたくなるセットが見つかるはずだ。

 

【705号室】映画見聞録~映画が大好き~2018





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





関連記事

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ:感想【女は怖いじゃ済まされな... https://youtu.be/GYw3Qp5_N-I The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ:イケメンじゃなきゃ成り立たぬ 女の園に迷い込んだ男が、女たちに翻弄される。 まあ、手...
セブンシスターズ:感想【母は子供のためになんでもやる】... https://youtu.be/h3XW8cTUpY8   セブンシスターズ:原題はWhat Happend to Monday 世界的な人口過多を受けて、大量に作れる「遺伝子操...
プーと大人になった僕:感想【クリストファー・ロビンのその後】ユアン・マクレガーが... https://youtu.be/q9lmqnFmbcM プーと大人になった僕:ディズニー映画は嫌いだけど、プーは別格 クマのプーさん。 ちっちゃな脳みそのプーが僕をなかす理由は以前記事に書いた...
はじまりはヒップホップ:感想【ぼくたちの未来がそこに】... https://youtu.be/7OdDlNHR4oI   はじまりはヒップホップ:人それぞれに語るべき人生はあるけど、語らなくてもいい ニュージーランドに在住する平均年齢83歳...
お嬢さん:感想【成人映画ならではの美しさと画力】... https://youtu.be/oeMQxa5qxA0 お嬢さん:変な日本語への違和感ですら愛おしくなる 原作は「このミステリーがすごい!2005」で1位を獲得したサラ・ウォーターズのミステリー...
RAW〜少女のめざめ〜感想【美しいフランス個人主義!かと思ったら】カニバリズムと... https://youtu.be/amqTotIRiEc   RAW〜少女のめざめ〜ジュリア・デュクルノーの長編デビュー作品 2016年・第69回カンヌ国際映画祭で批評家連盟賞を受...