僕の名前はズッキーニ:感想【我慢が美徳な日本とは真逆なフランスのアニメーション】満足度100%の意味がわかる

 

僕の名前はズッキーニ:まさに宝物のような映画

いつも屋根裏部屋でひとりで絵を描いて遊んでいる少年イカール(ズッキーニ)は、ママと二人暮らし。
とは言ってもママはビールを飲んでばかり。パパが“若い雌鳥(女性)”が大好きで、出て行ってからずっと。
部屋の窓からタコをあげたり、床に散らばったビールの缶を集めてタワーを作って遊ぶ毎日。
ある時ズッキーニが開けたドアの生でママは不慮の事故に遭い死んでしまう。

事故を担当した警察官のレイモンに孤児院「フォンテーヌ園」に連れていかれたズッキーニ。
クラスメイトは、リーダー格のシモン、アメッド、ジュジュブ、アリス、ベアトリスの5人。それぞれに複雑な事情を抱えながら園生活を送っている。

「皆、同じさ。誰にも愛されていない」

最初は新人いじりをされるんだけど、同じ心の傷を持つもの同士、だんだん打ち解けていく。

身寄りのない子供たち。
家庭に問題があり、親に別に暮らす子供達。

世界中にある不幸な話をこの映画は暖かく、深く、さらりと描く。
無理な設定も、お涙頂戴も、耐えて忍んで生き抜くこともない。
くだらない感動がない。
丁寧な動きと、感情を呼び覚ます人形たちの表情しかない。
無意味に盛り上げる音楽も、話題のイケメンも、制服もない。

環境や身の上はともかく、意思が尊重され、人生を楽しむ権利があり、他人を羨む権利があり、慈しむ権利がある。
義務と権利がセットではなく、まずは権利が保障される。

 

僕の名前はズッキーニ:人生を楽しもうじゃないか

これは最近よく言われる「楽しんだもん勝ち」なんていうくだらない言葉じゃない。
どんな境遇であれ子供は親とは別人格で守られる権利があり、楽しみを見つけて実行する権利がある。

孤児院での生活。
みんなで雪山を見にいく。
そこで夜はエレクトロダンスミュージックで踊るんだ。引率の先生のDJで。
キラキラのミラーボールの下で。

想い想いのダンスを。

 

人生は想い想いのダンスだ。誰もが自分ひとりで踊り始める。そしてダンスの相手を見つける。
ズッキーニにとってダンスの相手は、新しい入園者「カミーユ」だ。二人は意気投合。

もちろん園内にはジェラシーも起きる。
でもカミーユの叔母が、扶養手当欲しさに姪を引き取ると園に乗り込んで来るとある作戦を仕掛けたりする。

本当にかわいい。ムダがない。

 

僕の名前はズッキーニ:おちんちんが爆発する!

就寝時間を過ぎた子供達の話題は下ネタ。
知ったかぶりで話すやつ。それを聞いて想像が膨らみすぎるやつ。
いろんな子供がいた。僕らもそうだった、よね。

女はいいわいいいわと言い、男のおちんちんが爆発する!
サイコーだ。

こんなシーンがあるからリアリティがあるんよね。映画に。

 

孤児院の職員に子供が生まれる。
生命の誕生。
同時にこの子は「きちんと親を持った子供」で、僕らとは違う。
その違いを感じる子供達の一言一言が鋭くて素敵。

 

僕の名前はズッキーニ:アフレコはマイクの前でなく

当然、日本語吹き替え版が話題になるだろうし、そちらを見る人が多いだろう。
ま、ご勝手にという気持ちにしかならない(笑)

この映画のアフレコのメイキングがあった。これを見て欲しい。

丁寧にものを作るってのはこういうことだ。

言葉を超えて、ニュアンスが響いてくる。目の動き、口の動き。
全てに意味があり、関連がある。

この監督は長編初らしい。
ストップモーションアニメーションは時間もお金も莫大にかかると思う。
ヒットの実績のない監督に、世界的ベストセラーでもない本の脚色作品を撮らせてくれる。

 

僕の名前はズッキーニ:エンドロールでさらに格が上がる映画

エンドロールはとても重要。
物語を終わらせるんだから。

誰もがハッピーエンド!という終わり方ではなく、見た人はそれぞれモヤモヤを抱くお話。
その感情のゆらぎを空から見るような歌はSophie Hunger の歌う Le Vent nous porteraという歌。

このうたに圧倒された。

「風が僕たちを運ぶよ」と繰り返されるんだけど、

〜人生うまくいかないときは「腰のくびれ」だと思えばいい〜

こんなに美しくてユーモアがあって官能的な歌が世界にはあるんだ。
ポジティブな可能性もネガティヴな可能性も持ったまま人生は進んでいくよ。

人生は不公平だ。
それを突きつけながらも、楽しむことを求める権利の輝きを描く。
本当に素晴らしい映画。

 

【705号室】映画見聞録~映画が大好き~2018





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

お嬢さん:感想【成人映画ならではの美しさと画力】... https://youtu.be/oeMQxa5qxA0 お嬢さん:変な日本語への違和感ですら愛おしくなる 原作は「このミステリーがすごい!2005」で1位を獲得したサラ・ウォーターズのミステリー...
アンダー・ザ・シルバーレイク:感想【久々にやっちまった映画:脳内クルージングは至... https://youtu.be/uuuClxVtJ5o アンダー・ザ・シルバーレイク:謎解き探偵は下半身がゆるくてホームレス寸前 いやあ。久々ですよ。頭グッチャな映画。 リンチっぽいとか、ダー...
聖なる鹿殺し:感想【今年度ナンバーワン!まだまだ映画は芸術でいられる】物語展開、... https://youtu.be/KIbzpjS4GaQ 聖なる鹿殺し:圧倒的な粘着画像・静かで過剰なところのない演技 カンヌ国際映画祭にて脚本賞を受賞した『聖なる鹿殺し/ キリング・オブ・ア・セ...
ワンダーストラック:感想【映画で語るべき物語】... https://youtu.be/qbjI78KBVcQ ワンダーストラック:サイレントとソウルミュージックの時代 ジュリアンムーアなどのベテラン女優が「演技」で仕事をする。もしくは鮮烈なストーリ...
ヴァレリアン 千の惑星の救世主:感想【お金をかけまくって描き出す平和ボケ】つまん... https://youtu.be/_EoqLbSCyqg   ヴァレリアン 千の惑星の救世主:フィフス・エレメントをさらにぶっ壊したお花畑のおじちゃん 観たかった。劇場で。 だっ...
キングスメン・ゴールデンサークル感想【お金のかかったドリフと吉本新喜劇】... https://youtu.be/y5BlasoyCzU   キングスメン・ゴールデンサークル:第二弾はやっぱり大味だけど 思いの外面白かったキングスメンの続編。コリンファレルは打...
パンク侍、斬られて候:感想【石井岳龍とクドカンのいいところが炸裂】... https://youtu.be/JuuAA3ihErY パンク侍、斬られて候:町田康が大好きな僕でも満足! 荒唐無稽な傑作小説「パンク侍、斬られて候」を映画化。 そう聞いて不安しかないのは、町...
ロマンチックに生きる【未来へのノスタルジーはファンタジー】... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。 先日の続き。馬出ブローインでの「川上健次郎さんと話す」の続編です。   ロマンチシズムはリアルの先にある 彼は僕が「リ...
アンチポルノ:感想【園子温、意外にも王道なピンク映画】... https://youtu.be/EIT5ON9aqvg 日活ロマンポルノ45周年を記念して企画された「ロマンポルノ・リブート」 僕ら昭和時代の生まれにはピンク映画は思い出だ。 多分、高校生くら...
女は二度決断する:感想【一点の曇りもない人生をあなたは送っていますか?】... https://youtu.be/t_9rvz7IvZ4   女は二度決断する:これは映画。だからこそ響く。 ドイツ警察戦後最大の失態と言われる、ネオナチによる連続テロ事件に発想を...