こさいみなみワンマンライブ@HOME【ボリュームたっぷり総決算】90分一本勝負はJ-POPの毒素から逃れた純粋培養音楽

こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。

10/3は親不孝通りHOMEにて行われてるワンマンライブ月間での「こさいみなみワンマン」に参加してきました。
15曲以上?いつもの三倍近くのボリューム。
後半は少しお手伝いもしました(笑)

6時半くらいに会場についてリハ。
今回は僕は「筒担当大臣」

「あの、筒みたいなのお願いします」というメッセージが唐突に来て「ああ、ボトルネックのことやね」と理解して(笑)

3曲。ボトルネックで参加しました。
秋の夜長にあうね。うとうとする。

 

リハが終わっても今日やる曲を教えてもらえず(ま、いつものこと)彼女はセットリスト(というか、今日歌うかもしれない曲)をまとめていた。

な〜に歌おうかな〜。ってあと五分で開場です。

 

音楽通なお客さんや、紅一点(?)のツグミちゃんがやって来て会場はいい感じに。
ワンマンってやっぱいいよね〜。集中できる。

僕はカレーを食べたり、彼女の歌にうとうとしながら出番を待ってる。

口内炎にしみるカレー!

 

初めて聞く曲とか、初めて会った時に歌ってた曲。
三年ちょいのこさいみなみ(表立った)音楽活動の、半分くらいの時間を過ごし、2割くらいのライブに参加したけど、歌は相変わらずうまいし、気持ちがいい。本格的なだけでなく最近は「エンターテインメント」もしっかり考えているようだ。

MCの毒のある天然ぶりは計画的なのかどうかは知らないが(笑)
今回もいろんなネタを仕入れていた。

一本道を突き進むだけじゃなく、結構いろんなことを考えて「音楽を中心としたショウ」をどうすべきか考えてる。
自己実現のために音楽を使うだけじゃなく。
そこがほんと偉いと思うな。本人には言わないけど。

 

そして相変わらずステージでの僕の扱いが雑だ(笑)
お客さんはそれを見て笑う。空気が緩む、、。

そういう役回りなんだよね。
たま〜に二人でやるときは、こんな風に緩んでもらうのもいいかもね。

今回は初めて「アンプラグド」をやってみた。
生声、生ギター。そしてお客さん参加のパーカッション。
音楽が生まれた時の姿で歌われる。
リバーブもなく、PAもなく。

とてもよかった。基本に立ち返るし、「場の共有」ができたんじゃないかな。

 

今回のワンマンのためにものすごく練習してた(言うな!って言われたから言うけどね)たった一人で何時間もぶっ続けで。
当たり前だよね。練習するの。
当たり前のことができてるかなぁ。僕もあなたも。

 

こさいみなみは、ホヤ〜っとした笑顔を見せるけどね。
騙されちゃいけないよ。

彼女の歌の説得力は「練習」によってのみ出来上がってる。
自力のトレーニングによってのみ。
誰かのコーチングではない。

そこが偉いよ。

ギターは僕のコーチングを受けた方がいいと思うけど(笑)彼女は100%拒否する。

 

ミリオンリーズンズで歌われるように彼女は「たったひとつ、ここにいていい理由を探してる」んだろう。

彼女の旅はジャニスの「Me & Bobby McGee」に出会えたことから始まった。
「自由って、失うものが何もないってこと」と歌うこの歌から始められたことはすごくラッキーだと思う。
この日のラストのシャウトは今までにないものだった。

 

90分間、休憩なしで歌いきったこさいみなみ。
ボクサーのように汗だく。

 

これからも旅は続くんだろうし、僕もたまに「筒担当」で併走する。

ハバナ、カッコよかったなぁ!性急感があって。

 

【704号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2018





【200種類以上の栄養素がぎっしり】飲むだけ健康習慣

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら