こさいみなみアンプラグドで吠える!【立花綾香と図鑑の夜】

こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。

10/25は、超忙しかった10月のラストライブでした。
しかもキャバーンで

  • 図鑑のCD発売記念
  • 東京から立花綾香

というすごうい二人に挟まれて。

僕は2曲だけの参加だったのに肩に力が入ってた(笑)

そしてこさいみなみはどんなときも自分の歌をしっかりと歌うことに徹してた。流石ですねぇ。

 

図鑑さんはシナロケ映画で菊さんをやった人。
イケメンで、ギターが正確で、諦めを知らない男。
ああ、モテるやろなぁと思う。(そういう基準でしか人を見ないのか!サニーは!!)
ポップで覚えやすいキャッチーなフレーズをどんどん産む。

この清川アコースティッククラブというイベントには実は前にも呼ばれてて。あ、僕ではないよ。髙橋プランクトンのサポートギターで。
見にいったこともあるよ。
だから馴染みのあるイベントでもある。

お客さんと、いい距離で顔をあわせることができるのは楽しいね。

 

「サニーさん。最後の曲、アンプラグドでやりたいんですけど、どう思いますか?」

ギターも歌も、生でやる!というアンプラグド。前回のワンマンライブでもやったやつ。
マイクとケーブルから解き放たれて自由になれるから、すごく好き。
ライブのたびに何かしら考えてる。
会場に来て、その雰囲気からとか、共演者とか対バンの意味とかを考えて、
「お客さんに楽しんでもらおう」という気持ちを中心に置いて。
「自分が承認されたい」というよこしまな気持ちでないところが、こさいみなみの素晴らしいところ。
ステージで雑に扱われても(笑)
僕がしつこく彼女のサポートをやるのはそこが理由。毎回、きちんとした気持ちにさせてくれる。

やろーやろー!

 

ニーナシモンのfeelin goodから始まり、オリジナルを歌い、ラップの入ったsee you againをやる。
どれもやり慣れたものだけど、フレージングとかエンディングとかが変わってた。
同じ歌を何十回と歌っても、新鮮なのはそういう細かい変化をつけるところじゃないかなと思う。

僕は今回スライドギターで一曲。
必要なフレーズだけを弾くように努力した。
あとはステージ上での軽口(笑)これはショーのためのもんだよ!本気でディスってるわけじゃないよ(多分)

そしてラスト。ミリオンリーズン。

〜たったひとつ、ここにいて歌い続ける理由が欲しい〜

リバーブも何もない歌。
生のギター。

ジプシーのキャンプのように裸の歌とギター。
客席で歌う。

歌を感じて欲しいんだと思う。

一緒にやってて楽しい瞬間。お客さんが音楽に飲み込まれてる瞬間。
自己主張でも承認欲求でもない、歌だけの世界。

 

ラストの立花綾香は久しぶり。
キャバーンでのワンマン以来?かな?

楽屋で会うと「こんなに小さかったっけ?」と思ってしまう。
そのくらいステージでの彼女は大きく。力強い。

東京シティで生活をする。
それだけで疲弊する。でもある時、東京は広く暖かくなる。
20代初めに東京で働いて暮らしてたからよくわかる。
その広い優しさが東京。

きっと立花綾香もいろんなところを殴られて、泣きはらした目をこすりながら生きているうちに、優しい東京シティに出会えると思う。もう会えてるのかもね。

生暖かい地元が嫌で東京へ行って、そこで出会えた人たちの「影響」のおかげで僕は今でもしょっちゅうヘタリ込むし、泣き言をしうし、それでも楽しく生きようと思える。

立花綾香にもそんな人生がきっとあるだろう。

 

さー。10月の祭りは終わった。
次にまた一緒にやれる日を楽しみにしてる。

 

【704号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2018

 





【ウイルスにはまず免疫力アップ!】体を守る200種類以上の天然栄養素!飲むだけ健康習慣はじめよう

サジージュースは400万本突破キャンペーン実施中。心配事も多いけど、まずは抵抗力つけてがんばりましょう!

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら