アンダー・ザ・シルバーレイク:感想【久々にやっちまった映画:脳内クルージングは至福の時】かわいいと謎解きとウ◉コ

アンダー・ザ・シルバーレイク:謎解き探偵は下半身がゆるくてホームレス寸前

いやあ。久々ですよ。頭グッチャな映画。
リンチっぽいとか、ダークサイドオブ「ララランド」とか色々言われてたこの作品。
見に行きたいと思っていても、早朝と夜中しかかかってない。

なんとか時間を作って終了時間が12時を超える回を見てきました。

 

冒頭から古めかしくゴージャスなストリングスが轟々と鳴り響く。
ハリウッド映画への偏愛や、失われた天使ことロスアンゼルスの眩暈に満ちた風景とムード。

リンチが昔、アメリカのダークサイドを切り取られた耳で語り始めたように、アンダー・ザ・シルバーレイクではいきなり動物が空から降ってきて、べしゃんと潰れる。血みどろの顔で主人公を見上げる。

え?

という気持ちが湧いて、そこからはぐねぐね回ったジェットコースターが、ジリジリと上がっていくばかり。

 

 

アンダー・ザ・シルバーレイク:あらすじは序盤は定番

本作の主人公・サム(アンドリュー・ガーフィールド)は目が虚ろだ。「犬殺しに気をつけろ!」という落書きを一生懸命消そうとしてるシーンなんで、本当素晴らしい。
彼はそのほかのあらゆる人と同じように「大物になりたい」という漠然としたアメリカンドリームに取り憑かれている。が、家賃を滞納し、追い出される可能性も。その日暮らしの落伍者だ。

まあ、素晴らしいアパートに住んでるのも謎だけどね。その隣のトップレスのおばさんも謎。
画面に「謎」が多すぎて頭がズキズキしてくる。

その痛みを癒してくれる(?)のが、ハリウッドかわい子ちゃん達。
まあ、本当にかわいい、ゆるい体型、露出も高い。
でも生きてる感はあまりない。ドールのようだ。

 

 

サムの隣に引っ越してきたサラ(ライリー・キーオ:エルヴィスのお孫さん!!)に一目惚れ。
そりゃ、スーパーブロンドやもんね。
しかも部屋に誘われて、いい感じ。
ハアハア言ってる(笑)

これからって時にサラのルームメイトが帰ってきてサムは渋々帰宅する。
でもさ、明らかにおかしいんよ。ハロウィンでもないのに海賊ファッションの男が普通にソファに座ってるんよ。

翌日サラの部屋を訪ねるともぬけの殻。
部屋に忍び込んで見ると、お人形セットの箱とバイブレータが。この辺のゲスな感じが小気味いい。

 

 

この後、彼女の行方を探すんだけど、シルバーレイクという街は一筋縄ではない。
マルホランドドライブほど放ったらかしではなく、一応筋の通った探偵ごっこは続く。

謎解きはかなり定番で。
途中で死んでくのも定番で。

そう中盤までは「定番」を踏みながら、映画に飽きさせないようにしてて、終わりに向かって加速していく。

 

アンダー・ザ・シルバーレイク:映画、漫画、箱入り朝食の歴史はアメリカの歴史?

「あのロサンゼルスの丘に建っている屋敷の中では、一体何が起きているのだろうか?」

監督のそういう考えがベースになっているという。

パーティ。
女の子。
薬物。宗教。

バンド。
ライブ。
パーティパーティ。

退廃的で刺激的で不道徳なものが「文化」だと呼べる。
常識や法律の範囲内で「文化を楽しんでる」ような気になってる僕らに、ばーかばーかと言ってるような映画。

 

そして全てのものは「くそ」だ!というシーンがたくさん。

僕らの愛する、心を震わせてきたロックンロールや映画は、誰かの作ったまがい物だ!なんていうパンク精神あふれるエピソードも最高。
グロさをポップに振り切る為の技をガンガン披露する。

辻褄を考えるより、胸のすくシーンを飲み込めたら、きっと忘れらえない映画になる。

 

女は「お供え物」だよ。

貧乏人はのたれ死ねよ。

強烈な当て擦りで胸が痛くなる。

 

アンダー・ザ・シルバーレイク:それにしてもかわいいガール達

パーティに、シークレットライブに。
虚ろなかわい子ちゃん達が集う。

色とりどりの衣装。

どこかへ浮かび上がろうと息も絶え絶えなんだけど、きっと身体中はヘロインコケインでボロボロ。
ゆらゆらと、よたよたとアスファルトを歩く。

ああ、失われた天使の街だなぁ。

 

2時間を軽く超えるこの映画が、アニメと女子高生映画に囲まれてシネコンで上映されることの心地よさ。

オリジナルの脚本で、わかりやすい感動もなく、スターも出ていない個人的な映画を、しっかりとした予算をかけて映画化するアメリカという国に、クソ文化の日本は一生家畜扱いだろうなぁ。

 

いい映画とは一体なんだろう?
やはり歴史の重みなんだろうか?その業界を夢見て、叶わなかった人たちの怨念や諦念やジェラシーの厚みがアメリカ映画界を支えてるんだろうなぁ。

 

 

【705号室】映画見聞録~映画が大好き~2018





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

テルマ:感想【北欧ホラーのエグさも、切なさも詰め込んだ快作】自分の「好き」だけ守... https://youtu.be/AhVB_k5o_9s テルマ:抑圧と解放を描く青春ラブストーリー 冒頭から白い世界。氷の世界。 音のない世界の圧迫感と、氷に閉じ込められた魚達。 HAN...
僕の名前はズッキーニ:感想【我慢が美徳な日本とは真逆なフランスのアニメーション】... https://youtu.be/WJoqMuf56zY   僕の名前はズッキーニ:まさに宝物のような映画 いつも屋根裏部屋でひとりで絵を描いて遊んでいる少年イカール(ズッキーニ)...
RAW〜少女のめざめ〜感想【美しいフランス個人主義!かと思ったら】カニバリズムと... https://youtu.be/amqTotIRiEc   RAW〜少女のめざめ〜ジュリア・デュクルノーの長編デビュー作品 2016年・第69回カンヌ国際映画祭で批評家連盟賞を受...
グレイテスト・ショーマン:感想【できる人ができる限りのパフォーマンスをする主力級... https://youtu.be/xO_HQ9fOPPA   グレイテスト・ショーマン:外しようがない娯楽大作 19世紀。P.T.バーナムは<ショービジネス>の概念を生み出した男。...
トレイン・ミッション感想【リーアム・ニーソン!ダイハード】彼にはフォースがある?... https://youtu.be/ff2xdMY9YJE   トレイン・ミッション:あらすじ:よくある話に少しひねったスパイスを 10年間勤めてきた会社から突然、解雇を宣告された6...
プーと大人になった僕:感想【クリストファー・ロビンのその後】ユアン・マクレガーが... https://youtu.be/q9lmqnFmbcM プーと大人になった僕:ディズニー映画は嫌いだけど、プーは別格 クマのプーさん。 ちっちゃな脳みそのプーが僕をなかす理由は以前記事に書いた...
エブリシング:感想【かわいくて軽い恋愛映画】美しいおとぎ話とリアルな抑圧... https://youtu.be/atkx0X6U9JM ツタヤでお勧めしてなかったら、借りなかったかもしれない。何しろ、タイトルが地味。エブリシングって・・・。 ところが本題は「Ever...
セブンシスターズ:感想【母は子供のためになんでもやる】... https://youtu.be/h3XW8cTUpY8   セブンシスターズ:原題はWhat Happend to Monday 世界的な人口過多を受けて、大量に作れる「遺伝子操...
ローグ・ワン:スター・ウォーズ・ストーリー感想【いまさらだけど見てみた】... https://youtu.be/7RPairwmGkU   ローグ・ワン:スター・ウォーズ・ストーリー:悲哀あふれる小作品 スターウォーズがものすごく好き!という訳ではないけど。...
キングスメン・ゴールデンサークル感想【お金のかかったドリフと吉本新喜劇】... https://youtu.be/y5BlasoyCzU   キングスメン・ゴールデンサークル:第二弾はやっぱり大味だけど 思いの外面白かったキングスメンの続編。コリンファレルは打...