The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ:感想【女は怖いじゃ済まされない】

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ:イケメンじゃなきゃ成り立たぬ

女の園に迷い込んだ男が、女たちに翻弄される。
まあ、手垢がついた設定よね。

無人島だったり、ジャングルだったりで、男はいつも複数の女を手玉にとる夢を見ながら手玉に取られる。
まあこれも「メンズドリーム」かもしれない。

ドン・シーゲル監督、クリント・イーストウッド主演による『白い肌の異常な夜』のリメイクらしい。
この作品は見てないけど、この監督とイーストウッドなら間違いない映画とは思う。
男っぽさなら間違いないこの映画のリメイクをガーリークイーン「ソフィアコッポラ」がリメイクしようと思ったのかな?

答えは「私が作れば女の作品になる」っていう自身かもね。

 

怖い怖い女の本性、というよりもメンズドリームからはみ出た女性映画。
マミーズポルノ映画とはわけが違う。

アメリカ南部。世間から隔絶された女子寄宿学園に、美しい女性7人が暮らしていた。
ある日、食料としてキノコを採取してた女の子が負傷した北部の敵兵を見つける。

敵兵だよ?傷ついていたとしても。
南北戦争時代なんて、多分女性が自分の意思で何かをするなんてことはなかったはず。
敵兵が来たら、味方に引き渡す。
それが普通。

それなのに屋敷へ運んで手当をするのはやっぱり「イケメン」だから。
筋骨隆々で、ワイルドで。
女性に対しても紳士的で、少女に対しても礼節を持つ。

つまり「欲望の目覚め」なんだね。

これ逆だったらどうなるだろ?
男の園に流れ着いた美女。怪我してる。
ただのポルノ映画(悪い意味でね)にしかならないかも。

 

そのくらい女性が抑圧された時代背景がないと説得力はないんだけど、ソフィアコッポラはその辺はもう、まる無視。
男の下半身と胸板と、女の白い服に隠された肉体にだけ絞って描く。

映画としての説得力よりも「女としての感情の変化」に重きを置いたんだろう。

 

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ:三者三様のハアハア

  1. ミス・マーサ:ニコール・キッドマン
  2. エドウィナ:キルスティン・ダンスト
  3. アリシア:エル・ファニング

男を巡ってハアハアいうのはこの三人。

キルスティン・ダンストのおばさん変化にびっくり。でも美しいとか言われちゃう。こういう一言が命取りなんやなぁ。
ニコールはいつものように理性的であろうとし、規律的でいようとしながらもブランデーで男を誘う。
天使エル・ファニング はここでも天使。無垢な欲望ストレート(笑)
彼女はこの映画の「メンズドリーム」だ。

 

サスペンス的な凄さとかはなく、誰もが想像した通りの展開で、想像した通りのエンディング。
少しそういうソープオペラ的なものをバカにしたような感じのさえある。類型的。
下ネタとしても単純な「きのこ」のメタファー。
あえて火曜サスペンスのような展開にしたのはやはり

  • 白い服が土に汚される
  • 女の欲望は深く強い
  • 男はやっぱりバカだ

といういつものソフィアコッポラ節を立たせるためじゃなかろうか?

僕は大好きだったよこの映画。

 

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ:一億総ロリータ社会日本ではどう取られるか?

予告編にもあるセリフCan i get you anything

「私が欲しくない?」

って訳されるこの国にはやっぱちょっとがっかり。高校生映画の見過ぎで頭がバカになったのかもしれない(笑)
この映画が「おばさんたちの欲情丸出しで気持ち悪い」と感じる人が多かったのもわかる。

天使エル・ファニングなら許せるであろう欲望のシーンはあっさりと描かれ、ニコール・キッドマンやキルスティン・ダンストなどミドルからそれ以降の女性の欲望についてじっくりと描かれるから。
そして男が確実に添え物でしかなく。

機能的でない抑圧された服は欲望を隠すから美しい。
白いレースの服を繕いながら生きていく時代の女性たちの儚さ(の裏に燃えてるたくましさと欲望)
それらを解放したはずの現代だけど。
目に見えない白いドレスはまだまだ柔らかい体を絞り上げているようだ。

 

【705号室】映画見聞録~映画が大好き~2018





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

追想:感想【シアーシャ・ローナンの映画は外さない】いやぁ、新婚初夜のプレッシャー... https://youtu.be/RUzEsK-MKDM 三年ながらレディバードは見逃したけれど。 シアーシャ・ローナン。24歳。 いい映画ばかりでる女優。いい映画というのは「ハンナ」や「ラ...
コンビニ・ウォーズ~バイトJK VS ミニナチ軍団【実にくだらないゆるすぎる家族... https://youtu.be/F9heRdyxKUQ   コンビニ・ウォーズ~バイトJK VS ミニナチ軍団:滑りまくる家族映画 ジョニー・デップとバネッサ・パラディの娘リリー...
ルイの9番目の人生:感想【やべえこの女!てのに引っかからないように】子役の凄さと... https://youtu.be/fnr66gy9rcM   ルイの9番目の人生;あらすじだけ聞くと「医療もの?」かと思ったり 9年で9度死にかけた少年少年ルイ・ドラックス。大変な...
シドニーホールの失踪:感想【芸術が人を殺す】誰にも言えないことを抱えて生きる... https://youtu.be/7HIBeTGrIU8   シドニーホールの失踪:静かに殴りかかる映画 いやあ、もう。完敗。 てっきりベストセラー原作の映画化かと思った。(だと...
ファントム・スレッド感想【ダニエル・デイ・ルイスの変わらない存在の耐えられない軽... https://youtu.be/JfL27R1gU8U ダニエルデイルイス。僕にとってはいつまでも「存在の耐えられない軽さ」の人。 名優と言われ、オスカー常連。 でも、彼は「軽い」身体...
聖なる鹿殺し:感想【今年度ナンバーワン!まだまだ映画は芸術でいられる】物語展開、... https://youtu.be/KIbzpjS4GaQ 聖なる鹿殺し:圧倒的な粘着画像・静かで過剰なところのない演技 カンヌ国際映画祭にて脚本賞を受賞した『聖なる鹿殺し/ キリング・オブ・ア・セ...
エブリシング:感想【かわいくて軽い恋愛映画】美しいおとぎ話とリアルな抑圧... https://youtu.be/atkx0X6U9JM ツタヤでお勧めしてなかったら、借りなかったかもしれない。何しろ、タイトルが地味。エブリシングって・・・。 ところが本題は「Ever...
僕の名前はズッキーニ:感想【我慢が美徳な日本とは真逆なフランスのアニメーション】... https://youtu.be/WJoqMuf56zY   僕の名前はズッキーニ:まさに宝物のような映画 いつも屋根裏部屋でひとりで絵を描いて遊んでいる少年イカール(ズッキーニ)...
フロリダ・プロジェクト/真夏の魔法:感想【映画のような起承転結のないのがこの世界... https://youtu.be/BaXmtnKmUuk   フロリダ・プロジェクト/真夏の魔法:この「真夏の魔法」はいらんかったね あー。賛否両論、というより好き嫌いがあるやろね...
キングスメン・ゴールデンサークル感想【お金のかかったドリフと吉本新喜劇】... https://youtu.be/y5BlasoyCzU   キングスメン・ゴールデンサークル:第二弾はやっぱり大味だけど 思いの外面白かったキングスメンの続編。コリンファレルは打...