テルマ:感想【北欧ホラーのエグさも、切なさも詰め込んだ快作】自分の「好き」だけ守っていこう

テルマ:抑圧と解放を描く青春ラブストーリー

冒頭から白い世界。氷の世界。
音のない世界の圧迫感と、氷に閉じ込められた魚達。

HANNNAという映画でも見たけど「狩り」のシーンから始まる。
雪深い森にはいったテルマ(エイリ・ハーボー)とテルマの父。
そこに鹿が現れました。「ああ、ここで鹿が打たれるんだろうな」と思ってしまう。
そういう流れに乗ってしまうのを「急にひっくり返す」タイプの映画だった、このテルマっていう映画は。

動かない鹿と猟銃を構える父。その前でテルマは鹿を見つめていました。
お客さんの目線も、彼女と同様に鹿がいつ打たれるのか?と思っていたその時、父は鹿に向けていた銃をテルマに向ける。
テルマは気づかない。

え?と思った瞬間、鹿は逃げてしまう。
え?なぜ撃たないの?という顔で父を見る。

すごくいいシーンだった。

あ、この映画でお父さんは悩み苦しむのだろうと思わせるに十分な。

 

その後テルマは成長し、都会の大学へ。お母さんは車椅子生活。
二人ともとても厳しく、敬虔なクリスチャンのよう。
しかも、娘への監視の目がすごい。息苦しい。

冒頭のシーンをふらっと忘れて、学園生活での子離れしない両親の抑圧がテーマ?って思ってると、図書室に鳥が飛んできて窓にぶつかり、テルマはてんかんのような発作で倒れる。

このシーンで重要なのが失禁するところ。ジーンズの色が変わってくる。こういう生理的な不快感をがっつり画面に写しこんで行くところが、やっぱ映画のレベル高い国だなーと思う。

 

テルマ:同性を愛すること、タバコを吸うこと、アルコールを飲むこと

今までタブーだと思っていたことを、体験して行くテルマ。
毎日両親からかかってくる電話にも出なくなる。

少女の成長ストーリーの流れと、サイキックホラーの流れを行き来する。
スクリーンが見えないくらいの激しいフラッシュで観客にも生理的苦痛を共有させる。かなりの大技だと思う。

中盤から「テルマには過去の記録がない」ことや、死んだと思っていたおばあさんが老人ホームにいたりと、精神的な不安をあぶり出すエピソードがあったり、友達になったセクシーな女性アンニャ(カヤ・ウィルキンス)から、太ももの間に手を刷り込まれて快感をえるエピソードとか。

いやーよかった!恋人役のカヤ・ウィルキンス

 

明らかに物語をピリピリさせる色合いが強くなる。

自分が今まで「ダメなことだ」と教えられ、感じていたことを体験し経験して行く。
解放されて行くに従って、傷つくことも増えてゆく。

両親の保護のもと、抑圧されてきた感情が爆発することで、周りの人、大好きなひとを不幸にしてゆく。
巣立ち、成長、独り立ちには欲望と官能と、その代償という側面がある。

こわ!というびっくり箱的なホラーではなく、胸のあたりがズーンと重たくなるホラー。
サイキック現象よりも怖く感じるのは、「発作を起こして見てデータを取る」治療だったり、MRIの無機質なあかりだったりする。
訳も分からず発作がきて、検査しても原因が分からず、最後には「精神病?」というテルマ自身のキャパを超えた診断が出るあたり、相当怖かった。

 

 

ノルウエーは国民の8割近くがプロテスタントだそう。国を挙げてのキリスト教国家。
冒頭、レストランに同性愛のカップルが来て、テルマ達親子は親な顔をする。ところが物語が進み賛美歌を歌うシーンが違和感をあぶり出したり、壁に向かって祈るシーンの薄ら寒さや、教えに反する飲酒喫煙、性愛を楽しんだり。

僕らには解らない宗教の圧力を、外国人にもわかるように照明器具やクラブでの激しい光の点滅、割れる窓ガラス、蛇のモチーフを使って「理解してもらおう」としてる感じを受けた。

 

一体このお話をどうまとめるのだろうか?と不安になったけど、なるほど、そう来たか。
ホラーとしての体裁を投げ打って、「解放と成長」を中心に

「善悪は私が決める」というあっけらかんとした終わり方。聖なる鹿殺しにもちょっと似てるかな?

 

これを「なんだこりゃ?」って感じる人と、「ああ、よかったねえ」と感じる人といるだろうなぁ。
重厚でヒリヒリしててセクシーで。エンターテインメントもしっかり踏んでる映画。

ノルウェー、北欧。やっぱすごい。
DVDが出たら、もう一回見たい。

 

しかし、娘のお父さんてのは・・・。

 

【705号室】映画見聞録~映画が大好き~2018





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

コンビニ・ウォーズ~バイトJK VS ミニナチ軍団【実にくだらないゆるすぎる家族... https://youtu.be/F9heRdyxKUQ   コンビニ・ウォーズ~バイトJK VS ミニナチ軍団:滑りまくる家族映画 ジョニー・デップとバネッサ・パラディの娘リリー...
ルイの9番目の人生:感想【やべえこの女!てのに引っかからないように】子役の凄さと... https://youtu.be/fnr66gy9rcM   ルイの9番目の人生;あらすじだけ聞くと「医療もの?」かと思ったり 9年で9度死にかけた少年少年ルイ・ドラックス。大変な...
リバース・エッジ:感想【行定監督がキチンと作った彼の映画】岡崎京子のドライをかな... https://youtu.be/Mj7I7FXqyow リバース・エッジ:岡崎京子の漫画を映画化するなんて無謀すぎる なんせ、岡崎京子は時代を作り、時代を殺し、時代から殺されそうになったところを...
ファントム・スレッド感想【ダニエル・デイ・ルイスの変わらない存在の耐えられない軽... https://youtu.be/JfL27R1gU8U ダニエルデイルイス。僕にとってはいつまでも「存在の耐えられない軽さ」の人。 名優と言われ、オスカー常連。 でも、彼は「軽い」身体...
お嬢さん:感想【成人映画ならではの美しさと画力】... https://youtu.be/oeMQxa5qxA0 お嬢さん:変な日本語への違和感ですら愛おしくなる 原作は「このミステリーがすごい!2005」で1位を獲得したサラ・ウォーターズのミステリー...
聖なる鹿殺し:感想【今年度ナンバーワン!まだまだ映画は芸術でいられる】物語展開、... https://youtu.be/KIbzpjS4GaQ 聖なる鹿殺し:圧倒的な粘着画像・静かで過剰なところのない演技 カンヌ国際映画祭にて脚本賞を受賞した『聖なる鹿殺し/ キリング・オブ・ア・セ...
RAW〜少女のめざめ〜感想【美しいフランス個人主義!かと思ったら】カニバリズムと... https://youtu.be/amqTotIRiEc   RAW〜少女のめざめ〜ジュリア・デュクルノーの長編デビュー作品 2016年・第69回カンヌ国際映画祭で批評家連盟賞を受...
アンチポルノ:感想【園子温、意外にも王道なピンク映画】... https://youtu.be/EIT5ON9aqvg 日活ロマンポルノ45周年を記念して企画された「ロマンポルノ・リブート」 僕ら昭和時代の生まれにはピンク映画は思い出だ。 多分、高校生くら...
パンク侍、斬られて候:感想【石井岳龍とクドカンのいいところが炸裂】... https://youtu.be/JuuAA3ihErY パンク侍、斬られて候:町田康が大好きな僕でも満足! 荒唐無稽な傑作小説「パンク侍、斬られて候」を映画化。 そう聞いて不安しかないのは、町...
キングスメン・ゴールデンサークル感想【お金のかかったドリフと吉本新喜劇】... https://youtu.be/y5BlasoyCzU   キングスメン・ゴールデンサークル:第二弾はやっぱり大味だけど 思いの外面白かったキングスメンの続編。コリンファレルは打...