CREW OF BLUEの目的地は?【ライブをやる上での嫌なことから逃げまくる】音楽だけでいいじゃないか

こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。

先日、バンド「クルー・オブ・ブルー」でライブをしました。キャバーンビートのフライデーナイトライブというイベントで。
バンドのオープンマイクのようなもので、参加費を払って演奏するというもの。

キャバーンのカフェメニューはサイコーです

 

僕は音楽がとても好きだけど、甘ったれた考えを持っています。
なのでライブをやって行く上での様々なことから「逃げたい」と思っています。

オープンマイクに出るのは「集客、ノルマから逃げたい」という理由です。こんなカッコ悪いこというのはバカかもね。
いいんです。参加費を払って演奏しても。
互助会のように、互いにライブに行きあって互いの客になるなんて気持ち悪くて嫌いで。それなら自分でお金払って演奏した方がいいなーと思います。(これは友達や音楽仲間が少ないのも多分にあります笑)

それに、誰しもが楽しめる音楽でもないし。興味がある人だけにみてもらえればいいと思ってます。
ライブをたくさんやる気もないです。頑張ってメジャーに行く気もさらさらないです(笑)
趣味としてのバンド活動ですので。

 

僕らの音楽はドラムマシンの単調な(しかもリズムが少しよれてる)ループを中心に曲の時間とかを決めてません。
ソロを延々弾きたい気分だったら弾けばいいし、決まりごとを作りたくないので。
ライブはその都度、違うもの。
曲のムードを理解しての上だから、各人に演奏を任せてます。
自由にやりたいというのは「決め事に縛られたくない」ってことです。

 

 

僕らのライブは真っ暗です。
センターに白い服を着たメインボーカルが立ち、そこにプロジェクターで映像を流します。首から上は真っ暗です。
他のメンバーは見えもしません。

「人の目線から逃げたい」というのが理由です。もちろん、ステージにメンバーが映らなくても面白いように、映像はこれからもてチェンジさせて行く予定ですが。

なんで人前に立って音楽をやってるのに、みられるのが嫌なの?ってほとんどの人が疑問に思うかもしれませんが、バンドメンバー、全員「みられるのはそんなに好きじゃない」ので(笑)
なかなかここがまとまる事ってないと思うけど、奇跡的に僕らは全員が「みられなくていい」と思っています。
暗闇で演奏する弾きにくさより、暗闇で演奏する安心感をとってます。

演奏中の写真、それも微妙な顔の写真をSNSであげられる心配もないです。
若くてかっこいいメンバーだったらいいんだけど、僕らはそうではない。

 

ライブ中、MCをやりません。なぜならMCが苦手で、やるのがやだから。あと人のMCもそんな好きじゃないです。たまに本当に心にグッとくる、もしくは笑わせてくれるMCの人いますよね。本当、すごいと思う。
でも僕らは演奏だけでいいです。「MCが嫌いだからやりたくない」のです。
訴えないことも、物販も、次のライブの予定もありません。
メンバー紹介すらありません。

 

十年以上、いろんなバンドやソロでの演奏をやってきて、一番わがままを通してもらってるのがこのバンド「クルー・オブ・ブルー」です。
音楽的には本当にやってて楽しい。
マスターベーションだと言われればそれまでですが。
「クルー・オブ・ブルー」の音楽は、僕が一番好きです。
自分のための音楽です。

 

 

実は「クルー・オブ・ブルー」は第二期で。

第1期は普通のバンドで、歌もので、熱いロックからポップスまで色々やってました。
僕が歌を書き、歌い、ギターを弾き、アレンジを決めてました。
ドラマーが抜け、どうしようか迷った時「いままでもことに囚われず、好きにやってみようかな」と思ってメンバーに相談したら、なんと全員が「それがいい」という(笑)

ライブはあまりやらないと思います。
でもちょっと面白いバンドかもしれませんよ。

あ、告知はちゃんとします(笑)

 

【704号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2018





【ウイルスにはまず免疫力アップ!】体を守る200種類以上の天然栄養素!飲むだけ健康習慣はじめよう

サジージュースは400万本突破キャンペーン実施中。心配事も多いけど、まずは抵抗力つけてがんばりましょう!

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら