写真を撮りに嘉麻市へ【緑に侵食される街】自分の好きな写真はワンパターンだということがわかった(笑)

こんばんわ。ブログアパート管理人のサニーです。

 

先日「嘉麻市」に撮影に行ってきました。
なぜ嘉麻市?というと、インスタで見た「旧炭鉱住宅」がすごくよさそうだったので。
「会いにいける廃墟かも?」と想像して行って見たくなったのです。

前から「お気に入りの服があるから撮影して〜」といってたマーヤ(exセーラーゾンビ)と、妻と。

 

途中、実家へ帰る途中に何十回も通り過ぎた飯塚の銘店「Mr.青木」で焼肉ランチを食べ

ダイエット中だというのにさ(笑)

あまりに麦畑がきれいだったので写真にとったり。

 

グーグルマップでマーヤのうちへ。

いつものようにこのグーグルマップは、すぐとなりに一般道があるにも関わらず住宅街をぶっとばさせる。
離合もできないような道を。

ヒヤヒヤしながらたどり着く。
すぐ隣に一般道。こっち通って来ても全く問題なかった。

 

そこから撮影場所までは30分もかからず。
目的地あたりを走りながら、探す。

どこだろ〜〜。ぐるぐる。

 

あ、なんか雰囲気がありそう!と見つけたところが。
ここ。

 

昭和の香りたっぷり。

思っていたのとは違ってそこには「普通に生活」があった。
警備の猫さんはうろうろしてるし、灯油販売の車がきたりして。
でも令和どころか平成感もまるでなく(笑)

朽ち果てた屋根や塀が緑に侵食されていた。
人の営みが緑に飲み込まれていくような。

 

自分はいろんなシチュエーションが好きだと思ってた。
どんな場所にも面白さがあると。

でも実はワンパターンだったんだなーと、今回の撮影で思った。
「緑と人」が好きなんだな。

大自然の雄大さではなく、人の生活の隣にあって、それでも威力を発揮してる緑が。

そして、花が。

 

 

花と女の子のセットなんて、全くありふれてるし、普通すぎると思ってたけど。
花と女の子、好きだ。
こないだのイベントで撮ってから気が付いた。

 

キュア、キュア、キュア@ギャラリー天神アートフレンズその3【カメラを止めるな(笑)女の子と花を撮るサニー】

 

 

反逆的な気持ちも多く持ってる。メッセージも持ってるつもり。
でも、花と女の子が好きなんだなぁと。

なんや、普通のおっさんやん(笑)

大きな白い花(ぼたん?)はスーパーの見切り品を買った。節約節約。

マーヤの着てるのは「まめくろごうち」の服。かっこいい!

 

 

今回一番好きな写真はこれ。背景が青空でなくトタンなところがすき。
そして、これ。

 

若い女の子の写真を撮ることが多い。
多くのアマチュアカメラマンがきっとそうだと思う。
友人をとったり、撮影会にでかけたり。

女の子はフォトジェニックだから、という理由で。

 

でも、まずは、一番近い人を撮ろうよ。

若い夫婦が「妻写真」っていって奥さんの写真を撮ってるのを時々見る。
すごくいいことだ。
それを何十年も続けて欲しい。

 

20数年前に、よく妻や息子を撮ってた。
フィルムで。

でも撮らなくなった。
すごく後悔してる。

ずっと続けて撮るのって、そーとー楽しかったに違いないと。

 

今回は撮ったよ。
妻は若い子と一緒に写るのを嫌がるけど(笑)
僕は妻が世界一だと思ってるので、撮る。
強引に。

しかし暑かったね。
夏はもすぐ。

 

バンドメンバーがコーヒーマスターの「おだ珈琲」によって、帰る。

 

おつかれさまでしたーー。

 

【709号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2019





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら