戦争と戦争の間に僕たちはいる【1945年8月15日、戦後が始まった日】

こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。

 

8月15日。
そとは台風の影響により雨。

1945年8月15日。
戦争が終わった日。
敵にも、味方にも多くの犠牲者がでた大きな戦争が終わった日。

戦争には英霊とかいない。
全員が犠牲者。
国家に殺された人も、敵に殺された人も、残された人たちも全員被害者。

今日も世界では銃声がなりやまず、爆撃は続く。
いろんな理由をつけて。

 

 

戦争と戦争の間に僕たちはいる。

 

いつ生まれるかは選べない。
どこに生まれるかも選べない。
人が戦争に魅入られ、戦いたい、勝ちたいと思ってる限り、永遠になくならないのかもしれない。

でも、抗いたい。
戦争を主体的にやる!なんていうのはニセモノで。
ほとんど全ての人が「巻き込まれる」だけ。

 

国防とか軍備増強とかを叫ぶ庶民。
あなたはそれで助からない。
ただ巻き込まれるだけ。

 

うちの母親と同じように。

絵を描くこと、描き続けること 《安田俊子》 僕の母は、実は画家です。

 

 

終戦の日。敗戦の日。
これを修正して、なかったことにしようとする人たちが増えてきた。

今度やったら勝てるかも。
今やらなきゃ、また負ける。

決して勝てないギャンブルなのにね。

 

戦後は終わり、戦前だという。
だったら、この戦前を、1日でも長く続けたい。

 

戦争で領土を取り戻そうとか、
戦争の脅威に備えようとか。

頭がおかしいのか?いや、もしかしたら人は死にたがってるのか?殺したがってるのか?
戦争がはじまったら、ほとんど全員が被害を受ける。
国防を叫ぶバイト君も。
政権を支持する貧国階級も。
国は庶民を守らないし、あてにもしてない。
インターネット上でどんなにたいそうな論文を書こうが、助けてはもらえない。
ただ、被害を受けるだけ。

 

 

戦争はもう始まってるのかもしれない。

少しづつ小さくなる食品、お菓子。
少しづつ苦しくなる生活。
少しづつものが言えなくなる世の中
少しづつふえるカルト。

 

でも抗う。

 

永遠に戦前でいるために。

 

【709号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2019





【200種類以上の栄養素がぎっしり】飲むだけ健康習慣

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら