旅のおやすみ楽市楽座から素敵なプレゼントが!【しいしい】歌は物語、歌は意見

こんばんは。「私の人生、私のもの」のサニーです。

 

2020年は東京オリンピックの年だとおもっていたら、自粛の一年でした。
大好きで、毎年楽しみにしてる楽市楽座のお芝居も中止。

楽市楽座2019年新作『かもしれない物語』 @清流公園その1:本編【かもしれない、は可能性のことば】

 

そんななか、一枚のCDが発売になった。

「しいしい」佐野キリコが唄う楽市楽座名曲集

僕がまだ楽市楽座を知らないころの楽曲がたっぷり28曲も入ったCD。

早速届いたものを聞いてみた。

 

ギターはもちろん長山さん。

開場前にインストで聞いていた曲が、歌入りで聴ける喜び。

 

長山さんはミュージシャンではない、というけど。
僕にとっては

「ギターを持って唄う、風景を、心象を描くってのはこういうこと」

という教科書のような人。

 

クラシックだったり、タンゴだったり、シャンソン、ブルースだったり。
音楽のスタイルを決めるのは「楽曲」だってことがわかる。

その形が一番あってるから、そのスタイルで唄う。スタイルありきではない。

 

音楽の力、という言葉が好きじゃなくて、もぞもぞする。
音楽には「個人の力を増幅させる力」はあるけどね。
でも、楽曲の力ってのは確実にある。

 

ここで描かれる物語は、小さな生き物たちのつぶやきだったり、夢だったり、怒りだったりする。
こんなに短くて、まっすぐで、シンプルで深い曲を、こんなにたくさん書けるなんて。
ほんとにすごい。

 

僕はギタリスト&ソングライターなので、くやしい気持ちになる(笑)
長山さんのかく物語、歌はぼくのやる気に火を付ける(笑)

 

 

さらに!佐野キリコさんの歌唱のつよさ。

舞台では「肉体」を持って歌われるので、その迫力ったら!
かっこいい!!ってなるんだけど。

CDになると、細かい呼吸まで聞こえる。
全く無駄のないギターにのって、物語をぐいぐい広げる歌。

笑ってるのか、泣いてるのかわからない瞬間の歌。

一つの完成された「音楽」がここにある。

遠くまで聞こえる声。
胸を震わせ、声帯を震わせ、空気を震わせ、誰かの心にぶち当たる。
そこで弾けて小さな粒になって、すっと入ってくる。

コミカルな歌い回し、シャウト。
歌の主人公がまるでそこにいるような歌。

ほんとに素敵だ。

感情が物語を超えずに、ギリギリ表面張力でバランスをとってる。
だからスタンダードになる。
こちらがどんな状況でも、響く。響き方は日々違うけど。
よくできた楽曲を生かすのはやっぱり歌手のエモーションなんだなぁ。

きちんと作った物をぶんぶんと振り回すからこそ生まれる熱狂。
そしてその裏にしっかりある「冷静な目線」

かっこいいなぁ。

 

同封されてるエッセイもとても面白い。
控えめな文章に、確固たる自信を感じるなー。

 

こちらのホームページに詳細が載ってます!

>>>楽市楽座ホームページ

全国の弾き語りミュージシャンで

  • ただお客さんにチヤホヤされたいだけの人
  • 若いうちだけ青春の思い出に歌ってる人

以外は全員きいてみたらいい!!!
そしてノックアウトされたらいい!!

 

【801号室】ガーリーおじちゃんは全く役に立たない2020





【ウイルスにはまず免疫力アップ!】体を守る200種類以上の天然栄養素!飲むだけ健康習慣はじめよう

サジージュースは400万本突破キャンペーン実施中。心配事も多いけど、まずは抵抗力つけてがんばりましょう!

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら