ゆれる人魚:感想【80sの可愛らしさとPOPを2015年にリマスターした】

ゆれる人魚:こんなにも愛らしいクリーチャーミュージカルがあっただろうか?

いやあ予告編を見て、即座に手帳に丸印を書いた。
そのくらいハードルを上げて見たのに、オープニングから満面の笑みで見終わった。

 

 

冒頭5分の映像が上がってるので見て欲しい。
もうね、イラストがかわいくてスクリーンを食べたくなるくらい(笑)

 

 

19XX年代のポーランド、ワルシャワ。

あるとき美しい人魚の姉妹が、海から陸に上がってくる。

「食べたりしないから〜私たちを丘に上げて〜」って。

もうこれだけでツボ。

 

お買い物シーン最高!

 

 

ふたりがたどり着いたのはナイトクラブ。
ストリップやライブ演奏を楽しむ大人の社交場。日本でいうストリップとはちょっと違う「ストリップティーズ」

曲に合わせて踊りながら、服を脱いでいく。
焦らして焦らして。
最後の一枚になった時幕が閉まる。

つまり「焦らされることを楽しむ文化」だから、夫婦でも友達でも一緒にやってくる。

 

 

得意の歌を披露して、人魚の二人は一夜にしてスターになる。この辺も

 

「さあ、今宵、歌うのは人魚です」

「おーぱちぱちぱち」

 

てな感じで。そこに悲劇性も奇異もなくて、素晴らしすぎる音楽とダンスがあるだけ。
水をかけると足が超巨大な尻尾になるんだけど。

リトルマーメイドと比べてそのデカさったら。
美しい!!!

 

ゆれる人魚:セクシーは大人の持ち物

でね、ポイントなのは。美しいとはいえ子供な二人。国中がロリータな日本だとこの二人がAKB的なスター扱いをされるんだけど、メインのボーカルは夏木マリのようなめちゃかっこいい女の人。

こういうところが本当違う。

大人がかっこよくて、少女は子供。
上半身裸だろうが、性器に指を入れられようがセクシャルではない。

セクシーは大人の持ち物。

少女たちの「楽しさ」「キラキラ感」はまばゆいばかりだけど、大人の持つセクシーさには叶わない。

 

 

少女たちの青春を扱った「エセポルノムービー」的な青春映画とは格が違うのはココだし、女性が監督だという利点かもしれない。

このアグニェシュカ・スモチンスカ監督は『ゆれる人魚』が長編デビュー作。
2016年サンダンス映画祭ワールドシネマコンペティションドラマ部門で審査員特別賞を受賞。その後も各国の映画祭で次々と受賞した。

80年代のファッション、ワルシャワの空気、それをノスタルジーだけでなく描き切る。

 

ゆれる人魚:完璧なサウンドトラック

ホラー版「ラ・ラ・ランド」とも言われたこの映画。確かにそう言えないこともない。
素晴らしい楽曲がストーリーを紡いでいくから。

どちらというとエレクトロ風味のヘドウィグ・アンド・アングリーインチに近いかも。

 

訳詞ですら素晴らしい言い回しの歌詞がたくさん。
原語で聞いたらもっと凄いだろうけど、英語じゃないからもう全然わからない。

それでもあまりに素晴らしいので、帰るなりサントラをポチってしまった。

 

ベースは人魚姫なので、お話は簡単。丘に上がった人魚が人間に恋をして、感わず、泡になる。ただそれだけのストーリーをこれほどまでにかわいく、快活で、陰鬱で、激情に仕上げた映画はあまりない。

 

  • ぼくのエリ
  • 獣は月夜に夢を見る
  • パーティーで女の子に話しかけるには

 

と共通した「女の子はクリーチャーである」っていう共通項は、男の子なら誰もが持ってるだろうし、大人なら誰もが思い当たる節があるはず。

そして異質なものへの憧れこそが物語になり、歌になり、映画になる。

 

ゆれる人魚:わかってるのに悲しい。

で、子供の人魚二人は初めてタバコを吸ったり、初めてお買い物をしたり、初めて恋に落ちらしながら「大人になっていく」。

こう書いちゃうと「ああ、また今はやりの育成自己満足か〜」と思うかもしれないけど、決定的に違うのは「捕食」すること。

人魚にとって人間は「食べ物」。

でも姉のシルバーはベーシストの青年と恋に落ちる。恋はすべての悲劇の始まりだね。

 

人魚の姉がウロコを剥ぎ取って「これでベースを弾いて」っていうんだけど。
もうたまらんですよ。

もちろん彼は人魚を可愛いと思うけど、「魚」としか見てないんだ。

 

こういう映画こそ、すべての人に見てもらいたいけどなぁ。

R15だけど。

 

日本映画に足りないのは大人のセクシャリティじゃないかなぁ。
もうそろそろ、制服ミニスカートの絶対領域を克服すべき。

 

 

こちらもおすすめ

獣は月夜に夢を見る:感想【北欧の曇天の中、滴り落ちる赤い血液】

パーティで女の子に話しかけるには:感想【大人も子供の個人のために】1965年生まれのパンク世代が大人になって観るべきもの

 

 

この記事を書いたのは

【705号室】映画見聞録~映画が大好き~2018





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





こちらの記事も読まれています

僕の名前はズッキーニ:感想【我慢が美徳な日本とは真逆なフランスのアニメーション】... https://youtu.be/WJoqMuf56zY   僕の名前はズッキーニ:まさに宝物のような映画 いつも屋根裏部屋でひとりで絵を描いて遊んでいる少年イカール(ズッキーニ)...
シドニーホールの失踪:感想【芸術が人を殺す】誰にも言えないことを抱えて生きる... https://youtu.be/7HIBeTGrIU8   シドニーホールの失踪:静かに殴りかかる映画 いやあ、もう。完敗。 てっきりベストセラー原作の映画化かと思った。(だと...
はじまりはヒップホップ:感想【ぼくたちの未来がそこに】... https://youtu.be/7OdDlNHR4oI   はじまりはヒップホップ:人それぞれに語るべき人生はあるけど、語らなくてもいい ニュージーランドに在住する平均年齢83歳...
エブリシング:感想【かわいくて軽い恋愛映画】美しいおとぎ話とリアルな抑圧... https://youtu.be/atkx0X6U9JM ツタヤでお勧めしてなかったら、借りなかったかもしれない。何しろ、タイトルが地味。エブリシングって・・・。 ところが本題は「Ever...
女は二度決断する:感想【一点の曇りもない人生をあなたは送っていますか?】... https://youtu.be/t_9rvz7IvZ4   女は二度決断する:これは映画。だからこそ響く。 ドイツ警察戦後最大の失態と言われる、ネオナチによる連続テロ事件に発想を...
プラネタリウム:感想【ナタリー・ポートマンとリリー・ローズ・ディップの美しい襟や... https://youtu.be/b4vp8RfjT6o   プラネタリウム:ニセモノの能力?ニセモノの笑顔? ざっくりとした内容はこんな感じ。 1930年代、パリが最も華や...
追想:感想【シアーシャ・ローナンの映画は外さない】いやぁ、新婚初夜のプレッシャー... https://youtu.be/RUzEsK-MKDM 三年ながらレディバードは見逃したけれど。 シアーシャ・ローナン。24歳。 いい映画ばかりでる女優。いい映画というのは「ハンナ」や「ラ...
聖なる鹿殺し:感想【今年度ナンバーワン!まだまだ映画は芸術でいられる】物語展開、... https://youtu.be/KIbzpjS4GaQ 聖なる鹿殺し:圧倒的な粘着画像・静かで過剰なところのない演技 カンヌ国際映画祭にて脚本賞を受賞した『聖なる鹿殺し/ キリング・オブ・ア・セ...
セブンシスターズ:感想【母は子供のためになんでもやる】... https://youtu.be/h3XW8cTUpY8   セブンシスターズ:原題はWhat Happend to Monday 世界的な人口過多を受けて、大量に作れる「遺伝子操...
ロマンチックに生きる【未来へのノスタルジーはファンタジー】... こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。 先日の続き。馬出ブローインでの「川上健次郎さんと話す」の続編です。   ロマンチシズムはリアルの先にある 彼は僕が「リ...