スターウォーズ 最後のジェダイ【苦笑連続】でもね、気持ちはわかる

僕はスターウォーズのファンではないです。
人間関係も相関もわからない。

でも前作の(あ、全前作か)フォースの覚醒がすんごい面白かったから、まあ、期待してみるよね。

スターウォーズ フォースの覚醒:感想【ジブリのフォースを手に入れたルーカス】テンポも編集も大金星!

フォースの覚醒は「スターウォーズ」の呪縛から逃れようぜ!っていう気合が感じされるみずみずしい作品だった。

先代に敬意を払いながらもスターウォーズのルールを壊して、革新と保守のバランスが良かった。

でもねぇ。今度の「最後のジェダイ」はあかんですわ。

 

三部作?なのかわからんけど、女の子レンが主人公のシリーズ、始まった途端に違うエピソード(ローグワン)ぶっこんでくるのも不思議感はあったけど。

ローグ・ワン:スター・ウォーズ・ストーリー感想【いまさらだけど見てみた】

大義のための自己犠牲万歳!なムードは今作にもめちゃめちゃ漂ってて、嫌な感じだったけど。
自己犠牲精神って商売になるんだろうねぇ。

自己犠牲できるのは対象が「愛する人やモノ」以外は気持ち悪い。

 

 

それ以外にも今回は苦笑の嵐。
中でも一番の大苦笑は「レイア姫、還る」でしょ。
宇宙空間に吹っ飛ばされたのに、シャラララ〜んって戻ってくるんよ(笑)

彼女はただのレジスタンスのリーダーでしょ?違うのかな?違ってたらごめん。でもね、こんなことができるんなら、もっと多くの人を救えたんじゃないんかな?

アナキンも、その他のジェダイもみんないろいろ訓練して能力を伸ばしていったんじゃなかったのかなぁ。

せっかくいい顔になってきたのに。

 

旧御三家の中でも、レイアの扱いがひどかったなぁ今回。前回のハン・ソロのスペシャル感からの落下ぶりがすごい。

 

ルークがもじもじおじいちゃんになってるから、そのうっとおしい存在がこの映画のスピードと熱を奪ってるのかと、最初は思った。

でも違う。
これって「あれもあるよ。これもあるよ」って小出しにし続けて、机の上が収集つかなくなったってやつじゃ?

 

フィンとローズの突然のロマンスとか
カイロレンのいきなり反逆とか
よくわからない対立とか
いきなりのヨーダとか

やらなくてもいいサービスを繰り返して、どうにもならなくなった。
このお話こそ「サイドストーリー」なんじゃないか?って思うくらい。

 

でも、好きだった点も二つ。

うじうじダークサイド「カイロ・レン」は良かった。
思いつきでしか動かない脚本やら、間の悪い編集にも負けず

 

「古いやつらを皆殺しにして、俺たち若者同士で新しい歴史作ろうぜ」

 

っていう気骨あふれるおじいちゃんっ子。
彼がリーダーだということは「レジスタンスももしかして勝てるかも(笑)」って思えるくらいの無能ぶり。

中途半端なキャラクター作りが目立った中、彼だけは首尾一貫してた。
うじうじダークサイド。
好き!

 

あと一つ

「ものすごい一生懸命やった作戦になんの意味もなかった」っていうくだり。
戦いって思い通りにいかない。

すべての希望をかけて、命を捨てて行った作戦が、はなっから的外れなこと、ある。
今回は帰ってくれたけど、犬死と言われる末路をたどることがほとんどなんだよ、戦闘は。
なんだかラスベガスみたいなところに行ってワチャワチャ騒いだり逃げたるするのは映画的に面白いのかもしれんけど、結局なんの意味もなかった。

これを「全く無駄なエピソードだから必要なかった!」と怒る人たちもいるのもわかる。
この映画すべてが「無駄のオンパレード」

一生懸命やっても、すべてが無駄になるのが「戦争」だってこと。

 

BB-8の余計な大活躍もげんなりだった。
前回のちょうどいい塩梅の活躍じゃなくて、今回は行き過ぎてた。「あらら〜」感がすごい。そこまでできるなら、人間いらんやん(笑)可愛い必要ないやん。

 

スターウォーズのファンではない僕から見てもぼんやりしてるし、継ぎ接ぎだらけのつまんない映画だったけど、こりゃ古くからのファンは怒るだろうなぁ。

それが狙いだったとしても、映画としてだらしなかったからダメだね。ベニチオ・デル・トロ、ローラ・ダーンの無駄遣いでもマイナス。二時間半っていう時間もさらにダメ。

 

【705号室】映画見聞録~映画が大好き~2018

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら





関連記事

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生:感想【僕が見たいのはこれじゃな... https://youtu.be/F8-e5CCu2hA ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生は面白いか?? 前作『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は楽しかった。映画的なシ...
ローグ・ワン:スター・ウォーズ・ストーリー感想【いまさらだけど見てみた】... https://youtu.be/7RPairwmGkU   ローグ・ワン:スター・ウォーズ・ストーリー:悲哀あふれる小作品 スターウォーズがものすごく好き!という訳ではないけど。...
追想:感想【シアーシャ・ローナンの映画は外さない】いやぁ、新婚初夜のプレッシャー... https://youtu.be/RUzEsK-MKDM 三年ながらレディバードは見逃したけれど。 シアーシャ・ローナン。24歳。 いい映画ばかりでる女優。いい映画というのは「ハンナ」や「ラ...
グレイテスト・ショーマン:感想【できる人ができる限りのパフォーマンスをする主力級... https://youtu.be/xO_HQ9fOPPA   グレイテスト・ショーマン:外しようがない娯楽大作 19世紀。P.T.バーナムは<ショービジネス>の概念を生み出した男。...
聖なる鹿殺し:感想【今年度ナンバーワン!まだまだ映画は芸術でいられる】物語展開、... https://youtu.be/KIbzpjS4GaQ 聖なる鹿殺し:圧倒的な粘着画像・静かで過剰なところのない演技 カンヌ国際映画祭にて脚本賞を受賞した『聖なる鹿殺し/ キリング・オブ・ア・セ...
テルマ:感想【北欧ホラーのエグさも、切なさも詰め込んだ快作】自分の「好き」だけ守... https://youtu.be/AhVB_k5o_9s テルマ:抑圧と解放を描く青春ラブストーリー 冒頭から白い世界。氷の世界。 音のない世界の圧迫感と、氷に閉じ込められた魚達。 HAN...